IT アウトソーシング(ITO)とは?

ITアウトソーシング(Information Technology Outsourcing:略してITO)とは、各企業の管理プログラム作成なども含めた、コンピュータやインターネット技術に関連した業務の外部委託(アウトソーシング)のことを指します。ITOを行なう理由は、企業での人材不足、コスト削減などがあります。現在、中国は日本の海外最大のアウトソーシング先です。
  • ウィツの日本向けITOサービス

    ウィツは日本向けITOサービスに10年以上の経験を持っております。 物流、製造管理、金融など様々な分野においてお客様にソフトウェア開発及び技術ソリューションを提供し、コアベンダーとして活躍しております。
  • ウィツの日本向けITOサービス経験業界

  • ウィツの日本向けITOサービス内容

  • ウィツの技術力

    • プログラミング言語とスキル

      C/C++, Java, .Net, COBOL, Cocoa, RPG;
      DBMS: DB2, Oracle, DL1;
      ERP: SAP, Oracle;
      GUI design, Technical writer, PeopleSoft
      Localization Programming: Objective, Web, Driver, Network, Media communication
    • アプリケーションと業界ノウハウ

      Applications Development, Testing, Maintenance, PES, Embedded SW, Mobile Solution, Asset Management, Wealth Management
      Industries: Telecom, Manufacturing Finance, IT, Government
    • OSとプラットフォーム

      Mac(8.0, 9.0, 10.0, 10.5) / Google Android / Cocoa
      Windows(Windows, Windows CE, PPC and Mobile) / Linux(include Embedded Linux), SCO, Netware, VxWork, Palm OS, Symbian, DOS, Mainframe(zOS, OS390), AS400(OS400), UNIX(AIX, Solaris, HPUX)
当社ITOサービスの特長
  • 10年以上の日本における開発経験

    • 日本向け開発プロセスを厳守
    • シームレスなコミュニケーション能力
    • 様々な業界で取得した豊富な経験
    • 柔軟でスピーディな対応力
  • 独立した品質管理部門

    • 開発部門とは別に独立した品質管理部門を設け、第三者の視点で、プロジェクトの品質を保証します。
    • それぞれのプロジェクト終了時、個別レビューを開き、問題を整理し、プロセスを改善します。
  • 各種人材の確保

    • ウィツは欧米、日本、中国内陸、台湾のビジネスを熟知しており、各業界の優秀な人材を網羅できます。
    • 各サイト(アジアで8箇所)の人材支援を行っています。
  • トータルサービスの提供

    • ウィツは、長年にわたり、CUTモデルから、SLCPモデルも対応して参りました。そのノウハウをもとに、お客様にトータルなサービスを提供いたします。
  • 日本と中国(大連)の緻密な連携

    • 日本国内で100名を超える技術者が活躍しており、特にSE/BSEは日本人を採用し、お客様とのシームレスなインターフェース機能を果たしています。
    • ウィツ日本は上流設計、ウィツ大連は製造、試験と役割を分担し、日常作業には常に緊密な交流と連携を実施しております。
    • 仕様、技術以外でも、ウィツ日本と大連は人材互換、育成も行っています。
このサービスについてお問い合わせ